今を生きる。私の中の自分に出会う

壮大な源と神様と私の日々のお話し。ときどきこたろう君といっしょ。

音の魔術師たち。

この時期になると、音楽番組目白押しで豪華なアーティストが一堂に見れてうれしいですね~

普段テレビあんま見ないけど、音楽番組だけは外せません。

 

子どもの頃から音楽は大好きで、その時代時代の流行りも聞きはするけど、その他にも自分の絶対アーティストが常にいました。

 

アイドルにみんながわいわいしてる時は、私も一応わいわい参加してますが、実はひっそり聞いていたのは

〝大瀧詠一〟さん。

その時代の中高生からすると、かなり背伸びして、ませてるとか渋いって認識だったけど、私としては周りがアルバムまではちょっと敷居高いわ...って言う本格的大人アーティストの楽曲のファンでした。

 

しっかし、いつ聞いても色褪せず素晴らしい!

私は「スピーチバルーン」という曲が大好きです。

 

楽曲の雰囲気で、他のアーティストが歌ってる曲や流れているBGMも「大瀧詠一作曲ちゃうか?ほれーーそうやと思た!」と嗅ぎつけられるくらい染まっていました。

 

大瀧詠一と仲間達みたいに私は思っていましたが、NIAGARA  TRIANGLE(山下達郎、伊藤銀次、佐野元春、杉真里)では、わいわい仲間が集まって作った楽曲達はいまでも色褪せなく、それぞれのスパイスも加わりキラキラした世界観がとっても魅力的です。

 

そのまた私も生まれていない昔には、はっぴいえんどとして活躍されていた当時の細野晴臣さん松本隆さんらとの楽曲は音楽の源といえる奥深い歌詞、テンポの微妙なずらしなど遊び心も、もとっても素敵なのです。

 

 

今のCMにはそんな中からいっぱい作られているし

みんな若い人でも聞いた事ある歌たくさんあって今の世の中にも溢れていると思います。

 

 

その頃、歌詞の内容と言うより〝音色〟というフェチ感があったのかも知れません。

 

楽曲の音色と、声というか喉というか楽器の域を超えた音の重なりがたまらなかったのだと思います。

 

その当時は行ったことも無い、異国の空気や匂いを感じたり、海辺にたたずんで戯れるカップルに憧れを抱いて、遠くから見ている気分になったり...妄想半端なかった~

なんやったら、飛んだ事ないけど両腕を翼にして高い空をスイスイ飛んでる風の感覚を感じるようであったり...

 

音色で情景が見え、別世界へ連れて行ってくれるアーティストとして崇めておりました。

f:id:b-Life:20181221215552p:image

 

 

 

大瀧詠一さんは、2013年の12月30日に御家族と夕食後のデザートのりんごを食べていて倒れられ

その後搬送先の病院で解離性動脈瘤でお亡くなりになられました。65歳って早すぎるよぉ

もっともっと聞きたかった...。     ご冥福をお祈りします

 

 

 

どうか...もう生まれ変わっていてまた出逢えますように...

 

 

そして近年、娘がファンで今では四六時中家の中で流れている〝星野源〟さんの曲。

 

私は、特に彼の事は好きでもきらいでも無く、イケメンかと言われればそうでもないのに(ファンの方々ごめんなさい)なぜに高校生の娘がハマってんねやろと思ってました。

DVDを手に入れた娘は見るのを何日も惜しんで惜しんでやっと見る覚悟ができ‪

拝み奉るように正座して見始めたのを見て、(そんなかぁーえぇーー)と内心思い、どれどれと脇でそっと見届けようと静かーにしておりました。

 

そうしたら...

 

 

なんか懐かしいような

身体の一部のような馴染みのある不思議な感覚を覚え

音色のエネルギーのようなものを感じました。

 

共通点が無さそうで有るんです。

後ほど星野源さんと細野晴臣さんと、何かしらの繋がりがあると聞いて、なるほどと納得しました。

 

音楽に魔法がかかってると思いました。

 

そして音色だけでなく、彼の綴る歌詞にもとてつもない世界観があって、あぁこの人は潜在意識の深い場所から作詞作曲されてるなぁと思いました。

 

楽曲には自分が心ふるわせたあの頃の、部分が紛れもなく散りばめられ、ココロの中に

すーーっと入ってきました。

心地よいのです。

まさかの懐かしい音の出逢いに感謝しています。

 

私も本当の自分に出逢えてから、歌の聞き方が変わったというのもあります。

彼の歌詞には私の感じる奥の奥、表は裏、全てはひとつと歌ってくれているように勝手に思っています。

 

親しみの有る屈託のない笑顔はとても素敵です。

次々に新たな楽曲が彼の中から生まれるのを心から楽しみにしています。

 

 

 

ココロに響く楽曲やアーティストに出逢えて良かったと思う今日この頃です。

 

 

A LONG VACATION

A LONG VACATION

 
NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition

NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition

  • アーティスト: NIAGARA TRIANGLE 佐野元春杉真理大滝詠一,大滝詠一,佐野元春,杉真理,NIAGARA TRIANGLE 2,松本隆,大瀧詠一,宿霧十軒,CHELSEA
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る
 

 

 

POP VIRUS (CD+DVD+特製ブックレット)(初回限定盤B)(特典なし)

POP VIRUS (CD+DVD+特製ブックレット)(初回限定盤B)(特典なし)