今を生きる。私の中の自分に出会う

壮大な源と神様と私の日々のお話し。ときどきこたろう君といっしょ。

『自分に与えたありがとう』は羽を授かるっていう話。

f:id:b-Life:20190612205226j:image

褒められて伸びる子なんです!ってよく聞くフレーズ。

私は子どもの頃からけちょんけちょんに言われ育った。きっと関西のおかん連中は今でもその傾向有りなんじゃないか。

あの時代まぁ褒められたことなかったし、他人が褒めても否定してまでメッタメタにけなす‪w

 

買いもん行ってての一コマ。

『○○ちゃん(私)、スラッとして将来モデルさんなれるで』 当然お世辞。でもあたし幼心にちょいウレシ

母『なにゆーてんの   将来電柱やな言うてんねん』

横で私は、シャキーンと真っ直ぐ立って小電柱になりすます。

子どももそのノリに、時に突っ込んだり時に誇張してみたり。

それらがオーバー過ぎると『ちょーしのんなさんなよ』っていう読んで字のごとく『殺し文句』が飛んでくる。

おー怖い怖い。

 

絶対『まぁありがとう』とはならない。なぜ?

①照れ隠し。

②真に受けるとかっこ悪い。

③とりあえず笑いとっとこ。

関西人の特徴...この3つが‪( ◜௰◝ )サッ=͟͟͞͞ ‪( ◜௰◝ )サッ とよぎるんやろね

なんかまた関西人あるあるみたいになって来そうやから話を戻すと

 

褒められたいから、行動に移す

褒めて貰えないのなら、行動しない

にんげんだもの、これ有るよね~

 

ある日

100人乗っても大丈夫的なやつが職場に有るんやけど、まぁ建付けが悪いのかガタついて開けずらい。

何度か開けやすいように、押したり引いたり叩いたりしたけどほんのちょっと改善されるだけ...修理依頼しようしようと思いつつ『あぁ開けずらいんやった』と今日も〝おりゃー〟って力づくで開けるつもりが·····

バッコーンんて扉飛んでいくくらい思いっきり気持ちよく開いた。

 

おぉ!直ってるぅぅぅ!

 

凄い誰が直してくれたんやろソワ( •ω•` 三 ´•ω•)ソワ

『倉庫の扉、直してくれた?』みんなに聞くけど『違う』と。

じゃ力持ちの男の子『○○君かなぁ』と言うと

『イヤ~彼は、絶対直したら僕直しておきましたっていいますて』

なるほどそうだった。

彼は典型的な褒められて伸びる子タイプ。

後に彼に聞いたら

『僕が直したら言いますよ‪w』って自分でいうてた。

結局誰が直してくれたのか分からず...

なかなかカッコイイではないか。ときめきさえ覚える粋な計らい。真の優しさを感じてしまった。

f:id:b-Life:20190612212516j:image

褒められ教育も根付いてきた昨今、ゴミが落ちてたら拾う前に周りを見渡してから拾うと言う子どもさんが多く居ると聞いた。

誰も見ていなかったら素通りすると...

皆んなが皆んなそうではないにしても、思い返すと自分にも当てはまってたりするからちょとドキッ。

私は仕事でティーチング、コーチングを教わり、実践していたつもりだったけど、褒めるという本当の意味をよく理解しきれていなかったかもしれない。

 

私は『褒める』というもうひとつ奥の扉を開けてみようと思ってる。

 

他人からもらったありがとうは、風船をひとつもらった感じ。ありがとうをたくさん頂くと、風船もたくさん持てて幸福感が増して空に今にもふわっと飛べるんちゃうかと思う

が·····      手から離れたりもするし、割れたり萎んだりしてなかなか飛べない。

 

自分が自分に与えたありがとうは、背中に羽を生やす...子どもの時から自分へのありがとうが多い人はふわふわの羽を背中に既に持っていて、自由に飛んでいる。

とはいえ普通は、なかなか自分へのごめんねは見つかってもありがとうは見つからない。

せっかく生えかかっている羽は『どうせ私なんか』という思いと共にポロリと取れるし、もげる。

 

 

例えば、扉を直して『こんなに開けやすくなって作業楽になったしストレスなくなるしぃ!皆も楽になる!やるやん私』と自分へのありがとうの気持ちは新たな羽を生やす。

ちゃんと根付いて、立派な羽になりいよいよ飛べる時がちゃんと来るのだ。

 

他人にとって都合の良い振る舞いをした時に褒められたとしても、自分が満たされたと自覚して、あるいは自分の良さに気づかされた時には、いつでも自分が自分にありがとうを見つけることができると思う。

私は褒める時、行為や言動に対して『いゃぁ開けやくなりました~扉直してくれてありがとうございます』はもちろんのこと

『優しいあなたのおかげで私も気持ちよく作業が出来るようになりましたありがとう』と言う気持ちも必ず伝えたい。

 

ありがとうの羽をあなたが生やせるように、あなたの存在そのものにありがとうと言うことが『褒める』ということを通じて相手に伝えられたらと感じる訳で...。

 

もしかしたら『褒める』の定義付けからは外れてるのかも知れないけど、その様な思いはいつも心に湧いてくる。それでいいよね(~‾⌣‾)~

だいたい私が感謝したのに褒めるなんておこがましい‪w‪w

私は、褒める事は  =  感謝する事。という気持ちを大切にしていきたいと思っている。

 

 

いつもお読みくださりありがとうございます。今日も笑顔が溢れますように❀.(*´▽`*)ノ❀.